大覚山公式サイト

ビデオタウン

2016-10-20


眠りの山はスリルの漂流と天の廊下のほかに、非常に面白いところは、「小さな店を持つ」と呼ばれる山鎮の眠り。

曲がりくねった道を行く山道に沿って山叠嶂、雲が、その雄大に見えるのは幾つもの謎。一つの急カーブを曲がるとまでは、眠りに山鎮影視城。

ここは結合地形制の山水のとけ合う宋朝体の古い町。町の中で三街次の6丁目、廊下でさえ橋、靑石板舗装の古い通りの両側には店があり、酒旗が漂い、画廊幽遠、古い通りながらまた逍遥快活な賞春苑、暖かくロマンチックな董永宅などの建物、まるで1枚の宋清明上河図、宋の古い町のにぎやかな指先。

ここはテレビの连続ドラマ「天仙配後伝』のロケ地。天仙配で董永と七仙経典愛情物語はとっくにその黄梅劇「夫婦そろってアリアに従って家をまだ……」そして、相手の心の奥底にだから人々はここに来て行って董永オタク、肌で感じると耕して董永仙女の田園唯美ロマンチック。また未婚の若い若い人が来て、このように、仙仙について、将来も仙女をめとって家に帰る……